Goldfish

高校の塾講師の特徴

Top Page

高校の塾講師と予備校講師の違い

高校生が通う塾といえば、小中学校の生徒が通う塾とは異なり、塾というよりは受験対策であり予備校の要素が強いのではという印象があります。 では、塾と予備校の違いはどこにあるのでしょうか。塾は、補習授業を無料で受けられる事、1クラスの生徒数が、予備校と比較して少人数となっている事、 講師の雇用形態が異っている事など違いとしてあげられます。 無料の補習授業については集団指導塾に限定されたサービスとなりますが、 何らかの事情により受けられなかった授業や1度では理解できなかった授業について、諦める事無く学ぶことができる嬉しいサービスだといえます。

少人数クラスの利点としては、授業後に講師への質問を行ないやすい。 講師が、生徒の学力と個性を理解しているので一人ひとりに応じた進路指導を行なうことができる。 といった事があげられます。最後に、講師の雇用形態についてですが、塾の講師については、正社員として雇用されている場合が多く、 授業以外の時間には、予算管理、塾の広報活動、保護者への資料作成といった塾の運営に携わっているなどの特徴があります。

予備校の講師は、予備校と年間契約を交わす個人授業主になりますので、基本的に講義を行なうことを契約業務としています。 塾講師の場合、生徒と一緒に受験対策を考えてくれますが、予備校講師の場合は、雇用形態の関係からも生徒個人に応じた受験対策を一緒に考えてもらうのは、難しいようです。 大学受験の対策として塾を選ぶか予備校を選ぶかについては、生徒個人の学力が、講師による進路指導をどの程度必要としているかが重要なポイントとなります。



<外部リンク>
教室の人数や雇用形態など高校生の塾講師の特徴がまとられているサイトです>>> 塾講師 特徴